インフルエンザの感染と治療薬について

毎年12月ごろから春の間に必ず流行ってしまうインフルエンザ。治療にもなり予防にもなるインフルエンザ薬「タミフル」「リレンザ」を常備しておけば安心につながります。割安に購入するには個人で輸入をしてみましょう。

*

インフルエンザの治療薬は個人で輸入できる

      2016/06/28

最近では国民の意識も高まり、ワクチンの接種を受ける人も増えてきています。
しかしワクチンの接種を受けることで完全にインフルエンザにかからないという保証はありません。

インフルエンザには型があり、また感染を繰り返すことで新しい種類が発生することもあります。
自分が接種したワクチンと、感染した型が必ずしも合うというわけでもないのです。

ワクチン接種をすすめる医師によれば、万が一かかってしまったとしても、ワクチンの接種によって症状が軽く済むという情報もあります。

しかし実際にそのような経験をした人もいるようですが、必ずしもワクチンの接種の効能とは言い切れません。

接種できない人にもインフルエンザ治療薬がおすすめ

ワクチンは今や主流となっていますが、そのワクチンを接種できない人もいます。

ワクチンには微量の卵成分が入っているため卵アレルギーを持つ人は接種できません。
他に発熱や医師が接種できないと判断した場合も接種はできません。
その場合はインフルエンザ治療薬をおすすめします。

治療薬を買うには病院に行って処方をしてもらう…それが当たり前だと思っていませんか?

今ではインフルエンザ治療薬以外にも個人輸入の形で購入する事ができるんです。
もちろん違法でもなく、個人で使うための個人輸入は国も認めていることなのでさらに安心です。

自分で手続きすることは通販と同じ

「個人輸入」という文字が一歩引いてしまう感じがあります。
しかし形は個人輸入でも買う側とすれば通信販売と同じなんです。

携帯やパソコンでネット通販をしたことはありませんか?
したことがなくても覗いてみたりしたことはあるかと思います。

それと同じように商品・医薬品が並んであり、カートに入れて購入するだけです。
そのように個人輸入を代行してくれるサイトがいくつもあるので簡単に購入できます。

処方されるより個人輸入は割安で購入

インフルエンザ治療としては病院に行って診察、処方してもらって薬を購入します。
しかしその病院に体調が悪くて行けない場合、意味がありません。

そんなときに利用したいのが治療薬の個人輸入です。
薬の個人輸入については国も認可しているため、違法な行為ということは一切ありません。

また、個人輸入によって病院や薬局に支払う金額よりもずっと割安で購入することができることは非常に大きなメリットです。

個人輸入で薬を購入する際は処方も不要ですので、病院で診断を受けた場合や、家族に罹患者がいる場合などにはおすすめです。
自宅にいながらネットで購入手続きをするだけで薬が配達されることは体調が悪く外出が大変なときにも助かります。

インフルエンザの治療薬「タミフル」や「リレンザ」などは治療薬としてはもちろんですが、予防にもなります。
インフルエンザになってからよりは前もって購入されていると予防と治療に使うことができます。